元利金等返済方式と元金均等返済方式とは?

住宅展示場のハウスメーカーに行った方から、ご相談を受けた時のご回答です。その方は、桧家住宅というメーカーに見積りをもらい、次のステップとして住宅ローンの審査を受けようか、という段階にあります。

その住宅ローンなのですが、おおまかに分けて、住宅ローンには元利金等返済方式と呼ばれるものと元金均等返済方式と呼ばれるものの二種類の返済方式が存在します。
この二タイプから、自分に見合うプランを判別して住宅ローンを照らし合わせていきますが、どのような異なる点があるのかに関して頭に入れておきましょう。

とりあえず、この二種類の明確に異なる部分ですが、元利均等返済方式だと、元金と利息を合わせて一回一回の返済するお金を同じにするもので、元金均等返済方式は、借り入れした分の金額を返し終わるまでにかかる回数で割り、これに残高利息を上乗せして支払いするものとなります。

どっちの支払方法が好評を博しているのかというと、元利金等返済方式が優勢のようです。
返済する金額がずっと変動しないため、将来的な返済シミュレーションがしやすいというのが大きな理由です。

ですが、利息を重点に返すプランである元利均等返済方式は、元金がなかなか減らないといった欠点があります。
元金均等返済方式とは、利息をチョットでも低くしたい人に適している住宅ローンの返済の仕方です。
月々変わらない元金を返していく方式となるので、返済をしていけば元金はしっかりと減ることになります。

現状では元利金等返済方式を使う人が増加しているので、元金均等返済方式を提供している住宅ローンは比較的多いとは言えない状態にあるようです。
元金均等返済方式の場合、支払いを始めて少しの間は月々の返済金をたくさん用意する必要がありますが、ゆくゆくを思えば利息の負担は小さくなるというプラス点があります。

助成金申請代行に必要な資格や代行業務の概要について

助成金申請代行

補助金や助成金の給付については申請主義が採用されており、給付対象となる個人・法人が自ら対象となり得るものを精査した上で申請を行う必要があります。

ですが数ある中から適切なものを見つけ出し、且つ給付に適う為の証明を行うというのは専門的な知識が無ければかなり困難と言えます。

そこで助成金申請代行を利用して代理申請を行う事になりますが、代行業務については有資格業務となっています。

具体的には多くの場合において、行政書士資格による書類作成が必要となります。また対象となる補助金・助成金の管轄が厚生労働省である場合には、社会保険労務士の独占業務となる為にその資格が必須となります。

実際に助成金申請代行を依頼する場合には有資格者を構える事務所等に依頼する事となり、書面作成と並行して対象補助金・助成金の調査も行って貰えます。個々の事情に応じてより適切な対象への申請へ振り替えて貰える事も多く、検討段階からの依頼が適切と言えます。

家族葬の費用ってどのくらい?

家族葬の費用ってどのくらい?

家族葬の費用は一般的な葬儀費用に比べるとかなり安くなります。
一般的な葬儀と比較して、最も大きな差が出るのが「飲食接待費」です。
飲食接待費は、通夜・葬儀に訪れる人が多いほど嵩みますので、家族葬など小さな葬儀のではこの負担が軽減できます。

また、家族葬では会場も小さくて済むので、会場費なども軽減できます。

ただし、この費用は葬儀社や葬儀の内容、プランなどによって異なります。
家族葬は安いところでは15万円程度から行うことができるのでリーズナブルなイメージがありますが、祭壇や装花などのグレードが高い場合は70~100万円程度のプランもあります。

そのため、家族葬だから安いというものでもありません。

また、家族葬は基本的には弔問客やその香典を辞退するため、香典での収入がありません。

一般的な葬儀では、香典は「半返し」ですので、香典の約半分を葬儀費用に充てることができますが、家族葬ではこれができません。
こうした費用は事前に見積もりをしっかり取って検討することが大事です。

シャチハタ印は簡単オーダーで2週間もあれば!

便利な色々あるシャチハタ印、別製は簡単オーダーで2週間もあれば出来あがります。

便利な印鑑としてシャチハタという押せば印字する印鑑があります。

主に確認印認め印と言われるものであり、正式な印鑑ではありません。印鑑証明の登録は勿論の事、正式な契約書などには使うことが出来ません。

既成品でよく使われるシャチハタは多くの名の物がありますが、中には珍しい名前の物は別製で作らなければなりません。

オーダーシートにその名前を書けば約2週間程で完成して通常の既成品よりかは少し高い価格になっております。

名前印の他にも会社印や日付け印といった物もあり、これも別製の場合は別にてオーダーが可能であります。印の種類だけでもかなりの物があり、自分のオリジナルのシャチハタ印が作れるわけであります。

このシャチハタ印ですが、今やボールペーンに付いてそのボールペン1本で全てが出来るという便利な物もあります。事務や営業では欠かせない物になっているのであります。

そんなシャチハタの印は文具屋で購入できますが、最近はネットでもオーダーが可能であります。

医療用帽子専門店のこだわり

医療用帽子専門店のこだわり

医療用帽子で大事なことは何でしょうか?
医療用帽子専門店では、こだわりを大事にして作っています。

ある医療用帽子専門ショップは、ファッションの一部であることを大事にしています。
抗がん剤治療中でも帽子を被ることで心や雰囲気が少しでも明るくなるように、健康な人が普段、ちょっとしたお出かけや散歩などでおしゃれな帽子を被るように可愛く、またはかっこ良いデザインを心がけているので、おしゃれ帽子として購入する人もいるそうです。

また、大事なのはストレスにならない被り心地で、きつすぎず、大きすぎず、しっかりした伸縮性と被っていて違和感がなく被れるサイズであること、好みによって頭部にぴったりフィットするタイプ、ゆったりと少し大きめなタイプなどスタイルが選べるようになっています。

チクチクしてしまいがちな品質表示ラベルを医療用帽子には縫い込まない、就寝時に後頭部の縫い目が当たらないような形にするなど、頭皮への刺激を最小限にするための工夫がされています。

不動産投資にもいろいろある

不動産投資という言葉からイメージするのは、アパートやマンション、ビルなどを購入して、それを転売して売却利益を得るとか、または人に貸して家賃収入を得るというような方法ですが、他にも方法はいくつかあります。

前述のような現物の不動産を購入して収益をあげることを「現物不動産投資」といいますが、これは直接投資型といえるタイプの投資にあたります。

これには更に2つの種類に分けられ、ひとつは手持ち資金あるいは借り入れ資金で不動産を購入する方法、ひとつは土地を人に貸して地代を利益を得たり、土地の上に建てた建物からの収益を得る方法です。

しかしこの直接投資型には多額の資金が必要となります。そこまでの資金を必要としないで比較的少ない資金でできるのが「小口化不動産投資」といって、これは共同の投資家となって共有持分権を持つという方法です。

これは個人での投資が難しいような億単位の物件を数千口に分けて投資ができるようにしてそれを購入して購入した口数分の収入が毎月の収益となる方法です。

また「証券化投資」という投資もあります。これは証券を購入して投資法人に不動産の運用を行ってもらい、そこから発生する利益を収益とする方法です。小口化不動産投資と似ているのですが証券を購入する点が違います。

代表的な証券化投資としては不動産投資信託でしょう。この方法では投資の元本保証と配当金の保証がないという点も特徴で、デメリットといえるでしょう。

風呂敷でエコバックを作る

近頃はお店で商品を購入してもビニール袋や紙袋をもらわないという人が多くなっています。
エコを意識した人が多くなって、不要な袋は極力受け取らないようにしているのでしょう。
またお店側もビニール袋の無料配布を止めたりして、エコバックの持参を促しています。

 

こうしたときに役に立つのが昔ながらの風呂敷です。
風呂敷からいろいろな形のバックを作ることができますので、お出かけの際にはカバンの中に一つは風呂敷を入れておくと良いでしょう。
また、その風呂敷には名入れしておくと自分のものであることが明確になりますのでおすすめです。

 

名入れとともに家紋を入れる人もいます。
多くの風呂敷専門店で名入れサービスを行なっていますので、ぜひ利用してみてください。

 

いろいろあるのですが、簡単なエコバックの作り方をご紹介しましょう。
まず三角に折り、左右の端をそれぞれ結びます。
この結び位置を変えることでバックの大きさを変えることができます。
そして結んでいない端同士を結んで取っ手部分にしてできあがります。

プライバシーマークの歴史

プライバシーマーク制度とは、日本工業規格の「JIS Q 15001 個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に基づいて、個人情報の扱いを適切に行うことのできる企業を認定する制度です。

プライバシーマーク制度の認定を受けると、プライバシーマークの使用が認められます。
このプライバシーマーク制度が運用されるようになった背景には、「インターネットの普及」があります。

注目!プライバシーマーク 業界特有の個人情報の取り扱いについても熟知!
www.vlcank.com

インターネットの普及に伴って、ネットワークや情報処理の技術も飛躍的に向上しました。

このような理由から、インターネット上で個人情報のやり取りが頻繁に行われるようになりましたが、その一方で、個人情報の保護についても、「強化すべき」といった意見も増えました。

インターネットの普及に伴って、大量にやり取りされる個人情報を保護しようと、経済産業省の指導を受けて一般財団法人日本情報経済社会推進協会が創設したのが、プライバシーマーク制度なのです。

プライバシーマークは、平成10年4月1日から運用が開始され、個人情報の保護に大きな役割を果たして、現在に至ります。

牛乳配達と3R

株式会社明治の提供する、牛乳配達のサービスに使われるビンは環境に配慮したものとなっています。
牛乳配達が、どのように環境に配慮されているか、今回はそれについて説明していきます。
突然ですが、【3R】を御存じでしょうか。

牛乳配達サービスはこの【3R】でお手本的存在であると言えます。
「Reuse(再使用)」「Recycle(再資源化)」「Reduce(削減)」の頭文字を取った言葉が【3R】です。
まずReuse(再使用)ですが、各家庭で飲んでしまった後のビンは配達員が回収しに来ます。

この回収された牛乳ビンは全て毎日工場にてしっかりと洗浄、殺菌処理をされた上で再度牛乳配達サービス利用者に届けられる牛乳ビンとして再使用されるのです。
次にRecycle(再資源化)です。
再使用を繰り返すうちに傷が付いたビンは砕かれ、再度新しいビンとして綺麗に生まれ変わらせます。

これを再び配達する牛乳ビンとして使うのです。
またポリエチレンキャップもビンと一緒に回収した後は洗浄後に、専門業者によってポリ袋や苗木用ポットとして再資源化されます。
最後にReduce(削減)です。

先述した2つのRを繰り返すことが、結果としてごみの削減となっています。
このように牛乳配達は環境に配慮したサービスなのです。

保管と保存

オフィスにおいて書類保管方法は、共有の書類も含めて各自の責任になります。
この書類保管方法という言葉は、文字通り書類の保管ですが、では書類の保存とどう違うのでしょう。
簡単に言うと、保管はよく使う書類、保存はめったに使わない、あるいは法的な理由である一定の年数とっておかなければならない書類のことを指します。

保存であれば状態を保つ事を念頭に置くでしょうが、書類保管方法はよく使う書類の保管ですので、取り出しやすくわかりやすいのが鉄則ですね。
この「わかりやすい」というのは、本人だけがわかる、という意味ではなく「誰が見てもわかる」という意味です。
書類を分類してインデックスで分類名を書いても本人にしかわからない名前だったり、本人だけが知っている情報で分類したりしても他の人が困ってしまいますよね。

単純に時系列や、五十音順などでまとめると他の人も探しやすくなります。
また、オフィスで使われる書類はほとんどがA4サイズですがまれに違うサイズの書類もあります。

サイズがバラバラの書類をクリアファイルなどにしまうと、紛失する恐れがありますし見難くなります。
大きめの封筒などをクリアファイルの代わりにすると、紙がこぼれてはじかれる事がなくなりますよ。