プライバシーマークの歴史

プライバシーマーク制度とは、日本工業規格の「JIS Q 15001 個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に基づいて、個人情報の扱いを適切に行うことのできる企業を認定する制度です。

プライバシーマーク制度の認定を受けると、プライバシーマークの使用が認められます。
このプライバシーマーク制度が運用されるようになった背景には、「インターネットの普及」があります。

注目!プライバシーマーク 業界特有の個人情報の取り扱いについても熟知!
www.vlcank.com

インターネットの普及に伴って、ネットワークや情報処理の技術も飛躍的に向上しました。

このような理由から、インターネット上で個人情報のやり取りが頻繁に行われるようになりましたが、その一方で、個人情報の保護についても、「強化すべき」といった意見も増えました。

インターネットの普及に伴って、大量にやり取りされる個人情報を保護しようと、経済産業省の指導を受けて一般財団法人日本情報経済社会推進協会が創設したのが、プライバシーマーク制度なのです。

プライバシーマークは、平成10年4月1日から運用が開始され、個人情報の保護に大きな役割を果たして、現在に至ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です