元利金等返済方式と元金均等返済方式とは?

住宅展示場のハウスメーカーに行った方から、ご相談を受けた時のご回答です。その方は、桧家住宅というメーカーに見積りをもらい、次のステップとして住宅ローンの審査を受けようか、という段階にあります。

その住宅ローンなのですが、おおまかに分けて、住宅ローンには元利金等返済方式と呼ばれるものと元金均等返済方式と呼ばれるものの二種類の返済方式が存在します。
この二タイプから、自分に見合うプランを判別して住宅ローンを照らし合わせていきますが、どのような異なる点があるのかに関して頭に入れておきましょう。

とりあえず、この二種類の明確に異なる部分ですが、元利均等返済方式だと、元金と利息を合わせて一回一回の返済するお金を同じにするもので、元金均等返済方式は、借り入れした分の金額を返し終わるまでにかかる回数で割り、これに残高利息を上乗せして支払いするものとなります。

どっちの支払方法が好評を博しているのかというと、元利金等返済方式が優勢のようです。
返済する金額がずっと変動しないため、将来的な返済シミュレーションがしやすいというのが大きな理由です。

ですが、利息を重点に返すプランである元利均等返済方式は、元金がなかなか減らないといった欠点があります。
元金均等返済方式とは、利息をチョットでも低くしたい人に適している住宅ローンの返済の仕方です。
月々変わらない元金を返していく方式となるので、返済をしていけば元金はしっかりと減ることになります。

現状では元利金等返済方式を使う人が増加しているので、元金均等返済方式を提供している住宅ローンは比較的多いとは言えない状態にあるようです。
元金均等返済方式の場合、支払いを始めて少しの間は月々の返済金をたくさん用意する必要がありますが、ゆくゆくを思えば利息の負担は小さくなるというプラス点があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です