不動産投資にもいろいろある

不動産投資という言葉からイメージするのは、アパートやマンション、ビルなどを購入して、それを転売して売却利益を得るとか、または人に貸して家賃収入を得るというような方法ですが、他にも方法はいくつかあります。

前述のような現物の不動産を購入して収益をあげることを「現物不動産投資」といいますが、これは直接投資型といえるタイプの投資にあたります。

これには更に2つの種類に分けられ、ひとつは手持ち資金あるいは借り入れ資金で不動産を購入する方法、ひとつは土地を人に貸して地代を利益を得たり、土地の上に建てた建物からの収益を得る方法です。

しかしこの直接投資型には多額の資金が必要となります。そこまでの資金を必要としないで比較的少ない資金でできるのが「小口化不動産投資」といって、これは共同の投資家となって共有持分権を持つという方法です。

これは個人での投資が難しいような億単位の物件を数千口に分けて投資ができるようにしてそれを購入して購入した口数分の収入が毎月の収益となる方法です。

また「証券化投資」という投資もあります。これは証券を購入して投資法人に不動産の運用を行ってもらい、そこから発生する利益を収益とする方法です。小口化不動産投資と似ているのですが証券を購入する点が違います。

代表的な証券化投資としては不動産投資信託でしょう。この方法では投資の元本保証と配当金の保証がないという点も特徴で、デメリットといえるでしょう。

風呂敷でエコバックを作る

近頃はお店で商品を購入してもビニール袋や紙袋をもらわないという人が多くなっています。
エコを意識した人が多くなって、不要な袋は極力受け取らないようにしているのでしょう。
またお店側もビニール袋の無料配布を止めたりして、エコバックの持参を促しています。

 

こうしたときに役に立つのが昔ながらの風呂敷です。
風呂敷からいろいろな形のバックを作ることができますので、お出かけの際にはカバンの中に一つは風呂敷を入れておくと良いでしょう。
また、その風呂敷には名入れしておくと自分のものであることが明確になりますのでおすすめです。

 

名入れとともに家紋を入れる人もいます。
多くの風呂敷専門店で名入れサービスを行なっていますので、ぜひ利用してみてください。

 

いろいろあるのですが、簡単なエコバックの作り方をご紹介しましょう。
まず三角に折り、左右の端をそれぞれ結びます。
この結び位置を変えることでバックの大きさを変えることができます。
そして結んでいない端同士を結んで取っ手部分にしてできあがります。