助成金申請代行に必要な資格や代行業務の概要について

助成金申請代行

補助金や助成金の給付については申請主義が採用されており、給付対象となる個人・法人が自ら対象となり得るものを精査した上で申請を行う必要があります。

ですが数ある中から適切なものを見つけ出し、且つ給付に適う為の証明を行うというのは専門的な知識が無ければかなり困難と言えます。

そこで助成金申請代行を利用して代理申請を行う事になりますが、代行業務については有資格業務となっています。

具体的には多くの場合において、行政書士資格による書類作成が必要となります。また対象となる補助金・助成金の管轄が厚生労働省である場合には、社会保険労務士の独占業務となる為にその資格が必須となります。

実際に助成金申請代行を依頼する場合には有資格者を構える事務所等に依頼する事となり、書面作成と並行して対象補助金・助成金の調査も行って貰えます。個々の事情に応じてより適切な対象への申請へ振り替えて貰える事も多く、検討段階からの依頼が適切と言えます。