風呂敷でエコバックを作る

近頃はお店で商品を購入してもビニール袋や紙袋をもらわないという人が多くなっています。
エコを意識した人が多くなって、不要な袋は極力受け取らないようにしているのでしょう。
またお店側もビニール袋の無料配布を止めたりして、エコバックの持参を促しています。

 

こうしたときに役に立つのが昔ながらの風呂敷です。
風呂敷からいろいろな形のバックを作ることができますので、お出かけの際にはカバンの中に一つは風呂敷を入れておくと良いでしょう。
また、その風呂敷には名入れしておくと自分のものであることが明確になりますのでおすすめです。

 

名入れとともに家紋を入れる人もいます。
多くの風呂敷専門店で名入れサービスを行なっていますので、ぜひ利用してみてください。

 

いろいろあるのですが、簡単なエコバックの作り方をご紹介しましょう。
まず三角に折り、左右の端をそれぞれ結びます。
この結び位置を変えることでバックの大きさを変えることができます。
そして結んでいない端同士を結んで取っ手部分にしてできあがります。

牛乳配達と3R

株式会社明治の提供する、牛乳配達のサービスに使われるビンは環境に配慮したものとなっています。
牛乳配達が、どのように環境に配慮されているか、今回はそれについて説明していきます。
突然ですが、【3R】を御存じでしょうか。

牛乳配達サービスはこの【3R】でお手本的存在であると言えます。
「Reuse(再使用)」「Recycle(再資源化)」「Reduce(削減)」の頭文字を取った言葉が【3R】です。
まずReuse(再使用)ですが、各家庭で飲んでしまった後のビンは配達員が回収しに来ます。

この回収された牛乳ビンは全て毎日工場にてしっかりと洗浄、殺菌処理をされた上で再度牛乳配達サービス利用者に届けられる牛乳ビンとして再使用されるのです。
次にRecycle(再資源化)です。
再使用を繰り返すうちに傷が付いたビンは砕かれ、再度新しいビンとして綺麗に生まれ変わらせます。

これを再び配達する牛乳ビンとして使うのです。
またポリエチレンキャップもビンと一緒に回収した後は洗浄後に、専門業者によってポリ袋や苗木用ポットとして再資源化されます。
最後にReduce(削減)です。

先述した2つのRを繰り返すことが、結果としてごみの削減となっています。
このように牛乳配達は環境に配慮したサービスなのです。

検索エンジン登録は手軽なSEO対策

SEO対策として挙げられるものの中に、検索エンジン登録があります。
ここで言う検索エンジンとは、Googleなどではなく、自動登録ができる小さな検索エンジンの事です。

検索ができるリンク集とイメージしていただければ分かりやすいかもしれません。

この小さな検索エンジンは「CGI」や「リンクCGI」と呼ばれる事もあります。
中には、人気のウェブサイトをランキング形式で表示するものもあり、どなたでも1度は目にした事があるのではないかと思います。

登録は無料で、作業は自分で行う事もできますが、登録したいサイトが大量にある場合には、代行サービスを利用すると良いでしょう。

SEO業者によっては、SEO対策の一環として代行を行っている事もあれば、登録代行のみをメインに行っているところもあります。

このような代行サービスを利用するメリットは、良いリンクCGIを選んでくれるという点です。

被リンクを獲得するのと同じように、リンクCGI自体の質が良くなければSEO効果を期待する事はできません。